人気ブログランキング |

ヒラードのミドルシュート389 進撃の人間論 

進撃--んてなことで

ミドルシュートです!!!

c0217246_17385923.jpg

今日のミドルシュートも進撃の巨人関連です。

最新話までついに追い付きました。。。 

なので、ネタばれあります。

どうしても後から内容が知りたいという人は見ないでください。

進撃の巨人!

これを読み進めていくと、

あー俺の価値観、人生観の中で大事にしてるのって 

如何に人間は進撃の人間たるか?

というところだったんだなー

という事に気づかされました。

どういう意味かと申しますと、

あの世界の巨人ってたくさん、壁を乗り越えてわんさかわんさか

おそってきますが、

あれは実は、

元人間なんですね、

壁の外には人間はいないと壁の中の人間は教えられて生きているのですが

あの巨人は壁の外に海があり、その海を渡った先の大国の科学技術で

巨人にされちゃって、あの島に 島流しにあった人達なんです。

ただ、その巨人の中でも その島流しにあって無理やり巨人化してしまった

のとは違う 強い意志と能力を持った巨人が9人でてきます。

c0217246_17413205.jpg

始祖 進撃 鎧 女型 超大型 顎 獣 車力 戦槌 と呼ばれており、

その9人の巨人の能力は代代受け継がれていっていて、

この巨人の能力をもつ人間は自分の意思で、巨人化することができます。

その中に進撃の巨人というのがでてくるんですね。

進撃の巨人とはどんな巨人か???

いつの時代も自由を求め進み戦ってきた巨人

それが進撃の巨人。

主人公の エレンがこの能力をもっており、

自由の為に悲しくも突き進んでいく姿を描いているのが

進撃の巨人をみて、いちばんぐっとヒラードはきています。

話が進めばすすむほど、いろんな人、国 感情 理性 思惑がぶつかり合い

何が正しくて 何が間違っているのか、善悪の判断なんていうのは

描かれ方によって如何ようにも捉えられるなと。

でもヒラード気づいたんです。

物事は善悪では判断できないが 

進撃では判断できるのではないかと、 

自由かどうかというのはいつどの国であっても、どの時代であっても

人間が人間らしく生きる為に必要な一番重要な要素ではないかと。

作者の諌山創先生は そこを描きたいんじゃないかと、

人間という生き物は

長い歴史の中で、

自由を求めていつの時代も戦ってきていますよね。

黒人差別、植民地問題、女性差別、部落差別 階級差別 子供の差別。貧富の問題 強い同調圧力などなどなど

これら全て、差別される側の人間の自由を求めての戦いだったなと。

あきらめないで戦ってきたから勝ち取った自由もあるし、いまだに勝ち得てない自由も多々あるなと。

これだけ、オンラインが発達してきて、どこにいても、世界の情報が入るようになった昨今

世界は自由への戦いを続けているような気するけど、我が日本はそれとは逆に自由がなきがしているけど、

何かに毎日縛られながら生きていく事を望んでいるのか、あきらめているような流れにちょっとづづなってないかい??

先日のサッカー女子W杯の王者アメリカ代表のラピノ―選手の会見 (下に貼っときます)

最高でした。

彼女は進撃のサッカー選手だね。

自国の大統領であれ、関係ないよと 差別主義者のいう事なんて聞かないよ言わんばかりの

発言。。。 

日本ではこうはいかないだろうなーーと。

ぜったい空気よむもんな。 


今 日本には進撃が足りない!! 

進撃の巨人をよんで進撃の人間たれー!!!




















by hira-do1981 | 2019-07-17 17:51 | ヒラードのミドルシュート | Comments(0)

サッカーと蔵王をこよなく愛するヒラードが蔵王の隠れた魅力を紹介します。


by hira-do1981
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30