蔵王でゆっくり映画をみよう37 アクトオブキリング

今日も、

先日みてきた、映画の紹介をしたいとおもいます!!

公開中の映画で、ぜひ、みなさんにも時間があるなら、

みにいってほしいとおもったので、

蔵王でゆっくりみて 癒されるようなジャンルの映画では

ないですが、

書きたいとおもいます!!

タイトルは

アクトオブキリングです!!

c0217246_17322113.jpg


簡単なあらすじはといいますと

1960年代のインドネシアで行われていた大量虐殺。その実行者たちは100万近くもの人々を殺した身でありながら、現在に至るまで国民的英雄としてたたえられていた。そんな彼らに、どのように虐殺を行っていたのかを再演してもらうことに。まるで映画スターにでもなったかのように、カメラの前で殺人の様子を意気揚々と身振り手振りで説明し、再演していく男たち。だが、そうした異様な再演劇が彼らに思いがけない変化をもたらしていく。BY YahOO映画

となっております、

これ、ドキュメントですから、すべて、本当のことですし、しかも、今、普通にこの大量殺戮をした人たちが

英雄として、TVとかにでて、あがめられているという、現実に驚きというか、もう驚愕ですね。

こわいです、

この作品では、一人の人に主に焦点をあてていて、このリーダのやってきた殺戮の話がえぐい

この人が悪いとかいうのではなく、国全体でこういう雰囲気になってしまうと、

一人の人間がここまでも残虐になれしまうということでしょう、戦時中の日本においても

似たような事件や弾圧があったわけで、人間の愚かさということを常に認識していなければ

いけないと強く強くおもいました。

ヒラードが印象にのこってるシーンでは

TVの取材でこの大量殺戮をおこなったひとが、インタビューを受けてて、

女子アナ「プレマンさんあなたは、画期的な方法で共産主義者を殺戮していったんですよね?
       こんどそれを映画化していくんですよね?」

プレマン「そうなんだよ、映画だといろんな殺し方やってるけど、あれを一つづつためしていったのさ」

女子アナ「それはすばらしい!!!」

番組聴衆者「わーー!!さいこう」

みたいなのが普通にインドネシアの番組では放送されてるみたいです。

まだ、仙台フォーラムで上映されていますので、ぜひみてみてください!!

てなことで、



アクトオブキリングをサッカーにたとえますと、、、、、

スアレス噛みつき事件です!!

一応知らない方のために説明しますと、

ウルグアイ代表のエースストライカースアレスが、

イタリア代表DF キエリーニのディフェンスにいらつき、

噛みつき!処分されて、4か月サッカー活動禁止の9試合の出場停止をうけるという

事件が今回のW杯でおこりました、

しかも

この選手の噛みつき事件、

こんかいだけではなく、

過去2度やって処分をうけてるんです、

何回同じことするんだか、、、、

大量殺戮まではいかなくても大量噛みつき魔です。

なんか、大会敗退後もう2どとやりませんっていう手紙を発表してたけど、

またやりそうだなー!!

てなことで、

アクトオブキリングは

スアレス噛みつき事件に決定です!!!


c0217246_17324884.jpg



c0217246_17325895.jpg



c0217246_17331780.jpg




Act of Killing [DVD] [Import]
Act of Killing [DVD] [Import]
posted with amazlet at 14.07.03
Pid (2013-12-03)
売り上げランキング: 6,566

[PR]

by hira-do1981 | 2014-07-03 17:35 | 映画 | Comments(0)
line

サッカーと蔵王をこよなく愛するヒラードが蔵王の隠れた魅力を紹介します。


by hira-do1981
line