ヒラードのミドルシュート174

ショウガッコーン!!!


てなことで、今日はミドルシュートです!

今日のミドルシュートは先日

仙台の街中にある小學校で、

そこの児童5、6年生、総勢150人を対象に講演をしてきましたので、

その時の話をしたいと思います!!

今まで、少人数の高校生相手にキャリアセミナーをちょこちょこさせてもらっては

いましたが

今回は

小学生相手で、しかも、150人という大人数でテーマも農家の話をするという

今までとちょっと違う形だったのでいつもより緊張しましたねー。

そこの小学校では

もともと、そういうキャリアセミナー自体を定期的にいろいろな職業の方を呼んで

やっていたみたいで、

ヒラード以前では

楽天の野球コーチや、ベルディの選手や、医者、弁護士など、そうそうたるキャリアをもった方方

が講演ずみらしく、

ということはですよ、

楽天=ベルディ=医者=ヒラード!!

という公式が描けてしまうとおもうと、今回どエライ依頼をうけちゃったもんだなーとおもいました、

ただ、

逆にいうと、

農家という立場の人間が、スポーツ選手や医者の方方ぐらい希少な職業であるということも

いえるのではないかなーと思ったんです、

実際、農家自体の数は年々へってますし、

65歳未満の農家のかずって全体の農家の数の10%しかいないという

統計もでてぐらい、ヒラードの立場はなにげにきちょうなんですねー。


肝心の内容のほうはどうだったかといいますと、

まず、入場する際に、

150人の児童からの拍手で迎えられ

えーー、、

そんな立派な話するワケじゃないのにー、ハードルがあがってんなーとかおもいながら、

なるべく小学生にわかるように、

ヒラードの小学校時代から大学までに始まり、

なぜ農家をやっているかとか、

農業の問題点や、

今後の夢、

小学6年生の今、何を大事にしてほしいかというようなことをはなさせてもらいました。

話した後

質問なにかありますかー?と聞いたのですが、

だいたい、どこの高校にいっても、

少人数で話しているのに、高校生から質問が上がってくるのってすごく少ないので、

まあ、今回は小学生だし、流石に質問あがってこないようなーなどとおもっていたら、

逆に

ここの小学生からはバンバン質問があがってきて、びっくりさせられたのと同時に

その内容もすごく立派で

「平間さんにとって農業とは何ですか?」


とかいう

ズバーーーーーーーっと


クリスチアーノ・ロナウドばりのドリブル並みに


えぐる質問もきて、

ヒラードたじたじでした。


ここでは

「ヒラードは小さい時から、農業といものに携わる機会があったけど、

農家になるぞーっと思って農家になったわけではなくて、はじめは家族の助けに

なればいいかなぐらいで、大学から帰ってきました、

そうやって、農業に触れてみて、農業のつらさもわかるけど、農業を続けることの重要さに

気付き、今は社会にとって、とても重要な仕事だから、がんばろうとおもってます。」

と答えました。

質疑応答も終わり、退出する際は、

ヒラード!!という声援?もいただいたので、少しはまんぞくしてもらったのではないかなー?

とおもってます。

この、講演を通して、ヒラードが一番感じたのが、

こんかい、小学生があんなに積極的にみんなの前で

質問を考えて、ヒラードにぶつけてきてくれたのに

中学生・高校生は絶対にみんなの前で

講演者のたいして質問するなんてことは

恥ずかしいとかいってしなそうだし。

なぜ、小学生の時にみんながもっている、積極性って

中学、高校になると失われていくんだろうーなーとすこし考えさせられちゃいました。

まあ、思春期を迎えるから、そういうのは仕方ないじゃんという部分ももちろん

あるとは思うのですが、

かつて、ヒラードの周りの友達でもあるのですが、

小学校の時は無邪気にこどもらしくどんどん前にでていた児童も中学・高校になると

あまり前にでていこうっていう人ってすくなくなるような気がしません?

こう、

出る杭打たれるみたいな・・・

横並びじゃないとみたいな・・・

そんな教育現場では世界に通じる人材を産み出すなんて不可能ですよね!!!

ヒラードが小学校の時のエピソードで

習字の先生に

「ヒラードくんは本当に子供らしいこどもだねー」

と言われ。

母 チャン・ノリーが

「いやいや、ほんとに子供で、大人になってから大丈夫でしょうか?

と答えると、

習字の先生が一言

「子供らしい子供というのは、将来大人になると、人間らしい人間になるんです」

と教えられたみたいで、

この話をきき、チャンノリーはなるほどなーと

本当に感心したを20年たった今も教えてくれます。

本当に、

今回、

ヒラードの話を聞いてくれた、こどもらしい、素直な子供たちが

中学、高校になっても、そのまま素直に人間らしくそだってくれることを

切に願っています。

みんな、大きくなったら、お母さんつれて、

ざおうにくるんだぞー!!!
[PR]

by hira-do1981 | 2012-11-04 15:21 | ヒラードのミドルシュート | Comments(4)
Commented by taikyoku-ken at 2012-11-05 18:09
ヒラード君、お疲れサマ^^。すごいねぇ♪
声援をうけたのもうれしいね♪私も聞きたかったなぁ^^☆
Commented by ヒラード at 2012-11-06 08:31 x
うちにきてもらえれば、このときと同じように、パワポを使って講演しますよー!!
Commented by syogakusei at 2013-01-07 18:52 x
実際に話を聞きました。
Commented by ヒラード at 2013-01-08 10:24 x
syougakuseiさん本当ですか?どうでした? このブログにコメントくれたということは、ブログをみてくれたってことかな?うれしいです。
line

サッカーと蔵王をこよなく愛するヒラードが蔵王の隠れた魅力を紹介します。


by hira-do1981
line