ヒラードのミドルシュート111

ポク、ポク、ポク、ポク、ポク、ポク

今日のミドルシュートは

昨日に引き続き、

ヒラードの葬式日記です。

29日

お通夜です。

お通夜自体は夜なので、午前中はそんなに忙しくなかったのですが、

午後近くになってくると、自宅の方にお客さんが来るように。

今回の祖母のお通夜&告別式は、

ヒラード家が檀家にはいっている、

お寺さんでやることになっていたので、

4時頃に

祖母がまずお寺に移動します。

そうそう、みなさん、

仏さんを自家用車で運んではいけないってしってました、

なんか死体遺棄的な法にひっかかるんだそうです。

勉強になりますねー。

ということでうちにはあの、ごつごつした霊柩車がくるのかー

と思ってたら、

黒塗の高級車が!!!

c0217246_17393921.jpg


はあ、命を亡くすとこういう高級車に乗れるようになるのかー。

最低でも、一回はこういう車に乗れるんだな―、なんて考えてました。

てか、昔の霊柩車ってすごかったですよね?みなさん記憶にあります?

なんか最近ああいうデザインの霊柩車ってないんだそうです。

小学校のときとかって霊柩車が通るたびに親指とられるーとかいって

毎回親指かくせーとか言ってたんですけど、みなさんも、やってませんでした?

これ、横浜出身の義理の弟に聞くと、やったことないなーっていうんですよ

田舎だけの習慣なのかなー?

てなことで

お寺に祖母は運ばれ、お通夜が行われました。

お通夜の中でお坊さんの法話があって、ありがたい法話をいただきました。

いま、我々が存在しているのって、間違いなく、ご先祖さんのおかげで、

自分より10代さかのぼっただけで、1012人必要になってくるんだそうです、

例えば、

自分が生まれてくるには、父親がいて、母親がいて

その父親が生まれてくるにもヒラードからして祖父であり、祖母があり

もちろん母方にも祖父と祖母が必要でって10代さかのぼると

1012人になるんだそうです。

自分がこの世に生まれてくるにあたって何人もの人が関わっているのだから

命は尊いということですね。このうちの一人でも欠けたら生まれてないんですからねー

感慨深いものです。

30日

告別式

午前中に

火葬前の出棺の儀式を執り行いました、

これが、ヒラードの中でも、多分みんなの中でも

ちょっと一番思うことがありましたねー。

思いでが走馬灯のようにすこしよぎりましたね、

なんだかんだで小・中・高一緒にくらしてましたからねー

決して料理が美味いと言える祖母ではなかったのですが、

下手なりに作ってくれた祖母の料理の中でよくオムライスを

作ってもらっていたなーと思いだしました、

一回美味いと言ったら、

めちゃくちゃでかいオムライスを何皿も作ってくれましたねー。

30日午後

火葬をして、告別式も無事すぎ

夕方に祖父が眠る墓へと

c0217246_1739883.jpg


納骨する時に立ち会うなんてなかなかないですよね?

23年前にいれた祖父の遺骨は

ほとんど土に帰っていたそうです、

このお墓の下で安らかに眠っている証ですね。

c0217246_17384430.jpg


とまあ、こんな感じでバタバタヒラード葬式日記はおわりですが、

葬式って式が終わったからといっておわりじゃないんですねー



なんか

初七日とか四九日とかいろいろ節目があるらしく、

とりあえず、

初七日までは朝早くごはんを食べる前に

お墓まいりをしなくちゃいけないというしきたりがあり、

毎日5時に起きて

この急な階段のある墓地に毎日通いました。

c0217246_17381476.jpg


いやー普段運動してないからきついのなんのって、

朝練か!!!!

ってかんじですよ、

おばあちゃん、これはヒラードにやせろっていう試練ですか(笑)

まあ、痩せたいとおもってるんだから試練ではないか・・・


まあまだまだ少しは葬式ばたばたが続きそうですね。
[PR]

by hira-do1981 | 2011-10-04 17:39 | ヒラードのミドルシュート | Comments(2)
Commented by 縞藍 at 2011-10-04 19:58 x
皆様お疲れ様でした。
お葬式って、何回も当事者になれないから、
貴重な体験ですよね。。。悲しくもあり。

ミドルシュート111回ですね。
これも節目なのかしら・・・。なぜかしんみり。
Commented by ヒラード at 2011-10-05 08:11 x
縞藍 さんいやいや、ミドルシュートまだまだ111回ですよ節目になります?目指せ1000発です!!お葬式って基本悲しいものですけど、今回のお葬式に関してはヒラード、悲しいという気持ちよりも、今までつながっていなかった親戚、お世話になった人と出会えて、嬉しい気持ちの方が強かったかもしれません、不謹慎でしょうか?
なんか、人間だれしも自分の両親を選べないじゃないですか?まあ、完全ランダムの運というか定めですよね、そういうものを仏教では因と呼び、そこからいろんな人との縁で生きていき、そこから因縁という言葉ができたんだそうです、縞藍 さんとの出会いも因縁だったんですねー。
(^.^)
line

サッカーと蔵王をこよなく愛するヒラードが蔵王の隠れた魅力を紹介します。


by hira-do1981
line