タグ:ビルバオ ( 12 ) タグの人気記事


ヒラードのスペインどうでしょう12

読書の秋、芸術の秋 食欲の秋t


ウイリアム イニャキ~


てなことでミドルシュートです。


c0217246_16204933.jpg


10月になりましたねー


イニャキの秋ですよー


スペインいってから、もう早3ヶ月このシリーズのブログはいったいいつ


おわるんでしょう???


ビアカンペシーナの大会で僕らが泊まったホテルは


かなり大きいがホテルではあったのですが、


なんと、スペイン1部リーグの


アスレチックスビルバオFCの若手選手の宿泊所


としても利用されているところで、


ヒラードが廊下を歩いていると


すごく身体が大きくて締まりのある黒人男性が


セグウェイに乗って廊下をいったりきたり、


これはただもんじゃないぞと


感じ取ったヒラードは勇気をだして、


アーユー ビルバオ プレーヤー??


ときいてみると、イエス!!


まじか 生ラリーガプレーヤー!!!


もうだれだかわからんけど、


グッドメモリー プリーズ ピクチャー?OK??


そういうと気さくに彼は一緒に写真をとってくれました。


c0217246_16211601.jpg

写真を撮った後、誰だったかちゃんと調べてみようっと


ってしらべると、


あれ?あれあれ???


ビルバオってそもそも黒人プレイヤーって一人しかいないんじゃなかったっけ??


あれそれって、いま、ビルバオのエースといっても過言ではない


イニャキー!!!!!じゃないの??


リバプールに移籍の噂もあったよなー!!!!


やべー未来のスーパースターと写真とっちゃったぜーーー


と、サッカー大好きアンガーにも報告すると、リアリー???


と興奮しており、もし、今度あったら一緒にしゃしんとろうぜといってたら


簡単に会えちゃった。。


で、あれ、イニャキだった??


いや、かれはイニャキじゃないよと、


え??イニャキだろー??ほらほらー?とネットので


選手名鑑みせたんだけど、


ヒラードからしたら、もうかれイニャキにしか見えない!!


かったんだけど、


アンガーは曰くHe is not in イニャキ。 but almost イニャキ


ということで、彼はイニャキではなかったみたいで、


彼はアタンガナという選手でした。


BチームのGkを務めているみたいで、


いつかAチームのGkとして活躍してほしいですねーーー


この時他の若手の子もいたので、一緒にパシャり。


c0217246_16234642.jpg


最後の日、空港に行くための車を待っていると、練習に


向かおうとしてるアタンガナがホテルからでてきました、


忙しいだろうなと思いながら最後写真をお願いすると


快くOKをいただき、


なんてナイスガイなんやー!!


もう一生応援しちゃうぜーって


色々アタンガナについて調べると、


なんと彼はまだ17歳!!!!!!


この風格ハンパないきっと大物になるに違いない!!!!


c0217246_16314249.jpg



[PR]

by hira-do1981 | 2017-10-29 16:33 | スペインどうでしょう | Comments(0)

ヒラードのスペインどうでしょう11




ショコラ ショコラ チョッコラッテ!


てなことで


ミドルシュートです!


c0217246_23022605.jpg
c0217246_23085019.jpg




ビアカンペシーナでは会議ばっかしてますーとか書きましたが、


遊び心というか参加者を楽しませてくれる催し物も多々ありました。


いつも、夜の食事会場に行くと何かしらやってまして、


トークショーとかドキュメンタリー流したり、ライブしたり、ダンスをみせてもらったり


色々楽しませてもらいました。


印象的だったのが3つありまして


総会最終日前日には


バスク地方の伝統の踊り?ダンス?


を地元のダンサーが教えてくれました。


日本でいう盆踊り的なやつにあたるのかもしれませんね


まあ、スペイン憧れの力もあるとは思うのですが、


あの陽気なリズムで踊るのはダンスが苦手なヒラードでも


楽しかったですね、


全員で一体感を持って踊るもの、カップルになって踊るもの


ゆっくりしたテンポ、早いテンポのもの、


たぶん、1時間ぐらいで終わる予定だったと思うんだけど、


アんコールに次ぐアンコールで、結局みんなで3時間ぐらいは


踊ってたかもしれませんね。日本て盆踊りはあるけど社交ダンスってあんましないですよね?


社交ダンスも体験してきたのですが、


ヨーロッパではきっと馴染みがあるんですよね??

はい、やってみましょうって、


すぐ自然にできてたような気がしますね、ヒラードなんか


そんなんやったことないから、


いつ相手の足を踏んじゃうんじゃないかって、ひやひやでしたよ。


あとは地元の農家クラブみたいのがあるんですかね??


なんかサッカーチームみたい子供達が


みんな同じユニフォームきてるんですね


で、丸太の上にいきなりのって、そこからちいさなこどもが


斧を使って、丸太を割ります。




昔ながらの方法なんでしょうね、こうやって、次代に引き継いで


いってるんだなーと、あとは


小学生が笛を使いこなして犬を操りカモの集団を


ラジコンのごとくカモの集団を思いのままに目的の場所に行かせます。


人間の力も犬の力も鳥の力もみんなすごいですねー




最後はやっぱり


en tol Sarmiento のライブですよー


ほら、あの有名なen tol sarmiento


c0217246_23255680.jpg


え?知らない??



今回のビアカンペシーナのテーマソングを歌っているバスクでは


ちょっと知られているバンドなんですね


総会中、節目、節目で、このテーマソングがながれるのですが。


この曲がスペイン語で何を歌ってるかは最後までわかりませんでしたが、


この曲がいいんですわー、参加者みんなそう思ってたんじゃないかなー


これが流れるとテンションあがってましたもんね、



そしたら、総会最後の日にこのバンドをビアカンペシーナ側で


手配してて、ライブを開いてくれたんです。

生であの歌聞けるー



っていうんで。世界の農民大喜び!!


地元のティーンネージャーにも人気で裸で踊り狂い


モッシュしてたので、日本代表して、ヒラードも彼らに負け


肌をぶつけてきました。


おっさん重いわ!とか思われてそう笑笑







彼らのちゃんとした動画はこちらになります↓↓↓








[PR]

by hira-do1981 | 2017-10-09 23:41 | スペインどうでしょう | Comments(0)

ヒラードのスペインどうでしょう10 

ディスプレーン!!!

c0217246_21562355.jpg


てなことで

ミドルシュートです!!!

総会中、各地域ごとに見本市みたいなブースを用意します。

総会前は飾るだけって聞いていたのですが、

普通にどのブースでも販売してました。

日本の物はお土産として持っていったものだったので、タダだよーとアンガーに教えると


OHJAPAN IS ALL FREE!!!


ということで、

どんどん日本のものをみんなに配りまくる!! 彼がチラシまきをしたらあっという間になくなるでしょうね。

てなことで、 ざおうハーブの商品をもらってくれたたくさんの方々ですーー

c0217246_21571145.jpg


c0217246_21584939.jpg


c0217246_21575024.jpg


c0217246_14562548.jpg

c0217246_14571619.jpg

c0217246_14565179.jpg
c0217246_14573318.jpg

c0217246_14575628.jpg




この写真で飲んでるのマテ茶なんですが、この果物を乾燥した容器の中に茶葉をいれて、お湯を何回もそそいでのみます。このマテ茶の持ち主はアルゼンチンのかたなのですが、

この日だけでなく、ずーっとマテ茶を携帯してましたね。マイボトルならぬ

マテ茶 おれもほしいなーとおもいました。

c0217246_14584286.jpg

c0217246_14593842.jpg



あと、南米のディスプレイで地理の方が持ってきて売っていた、リュックに一目惚れ、なんと、このリュックたったの15ユーロ!!!

このリュックを背負ってかえってきたのですが、これがやっぱり評価が高くて、やっぱいいものはみんないいと思うし、ビビビっとさせる力を持ってるんだなーと、

俺がスペイン語できれば、輸入して、商売しちゃうんですけどねーーー

次回のビアカンペシーナもしいけたら大人買いだなー




[PR]

by hira-do1981 | 2017-09-13 15:02 | スペインどうでしょう | Comments(0)

ヒラードのスペインどうでしょう9


ぶんかかーーーーーい

c0217246_18200920.jpg



c0217246_18184397.jpg

c0217246_18221541.jpg



てなことでミドルシュートです!!


午後からの分科会では


青年部の時のテーマに似たものを選んだのですが

土地と水と多国籍企業の問題について

というものだったのですが、


どのように天然資源を守り多国籍企業と戦うかということなのですが。

20カ国の参加したブラジルで開催された


我々は政府から犯罪者扱いされている、ラテンアメリカだけではなく、

どの大陸でもそのような扱いをうけている。

人権問題は途上国だけの問題ではない土地と水は食糧主権の下で

守らないといけない。民主主義の強化が必要

あらなたな小農民の農業の展望を打ち出していくことが必要だとしている。


西アフリカでは


一方農業の改革がおきている。政府からが土地を支配している

ケニアのボゴという団体いが共同土地をもつ権利がみとみられた。

300ぐらいの団体がアフリカにはあるので、

もっとビアカンペシーナの組織に

それらの団体に参加してもらえるようになってほしい


インドからは


企業は人々を村からおいだした。

政府と企業が協力して土地を奪うことをした。

45回多国籍企業と交渉を行なったがその指導者が投獄されてしまった。


グアテマラの活動では法的な変化を起こすことができ、

先住民が住んでいる農地を

守ることができた。一方で

政治的な意見を持ってる人が刑務所に入れられている。


ボリビアでは水、土地などの天然資源が政府により、戻った土地を商品にさせないことが大事。

対象にさせないことが大事、小農民の権利が憲法に書かれた。


カナダでは

そこの先住民は食糧主権のために

先住民の知恵を生かして質の高い生活をしてきた。

1800年に入ってから農業というものが生まれた。

現在の生産性主義を見直し、

いきてくために培われてきた先住民の知恵を生かすようすべき



ネパール


20億人の人々が飢餓状態にあり、アグエコロジーと食糧主権を

通して土地へのアクセスをしなければ、我々は滅んでいってしまう。人々の強さを強くする。

家族農業と種子を信じる。



アンダルシアでは


2%の人が50%の土地を所有している。

移民労働者が使われ、5万HAが売却されている。

その土地を奪ってる中に銀行がはいっている、

銀行とたたかう必要がある。

小農民の権利宣言を草の根に落とし込む

若い人が農村部に戻ってくる活動がしたい


東ヨーロッパでは西ヨーロッパと違う。

社会主義の名において土地をうばわれた経験がある。いまは、自由経済により、l土地を西ヨーロッパに奪われている

土地をどう分分配をするかが重要ではないか。

ヨーロッパは自分自身を資本主義が壊そうとしている。


パレスチナでは、イスラエルの土地の占領の問題がある、70年前にイスラエルがパレスチナの天然資源を奪っていった。

70%イスラエルの土地となってる。



モロッコでは、

農業従業員が、1日6ユーロで週44時間労働させられている

労働組合が作れないという状況にある


とのことでした。


ここにズラーっと箇条書きとなってしまいましたが、

印象に残ったキーワードのものを書きました。


こうやってみると、日本の現状というのは、他の国と比べると、農業を

する上では恵まれていると感じました。

新規就農をするのは土地柄とか血縁

を重要視することが多い地方農村部では

一定のハードルがあることはあるのですが、

サハラ砂漠のように植物が育たないわけではないですし、

パレスチナのように戦火にまきこまれているわけでもなく、

純粋に耕すことができる土地のは、農家の高齢化と

いうネガティブな状況のおかげですが、

わんさかあります、今やめてなくても、もう辞めたい、

誰かに農地を引き取ってほしいとい思ってる土地の所有者もたくさんいます。農地の所有権を切に求めている他国の農家にとって日本の今起こっている農業の現状はどんなにうらやましく、もったいなく、

滑稽な現状と思われてもしかたない状況です。

日本の農業が元気になることは

世界の食糧事情を解決することにだってなるし、水を

守り、森を守る守りびとを増やす事につながるし、

原発に依存しないで、日本の気候を生かした

自然エネルギーをつかい電力を供給することだっって、

不可能じゃないはずなんだと

ヒラードは思います。日本の立場って、

本当はすごくイニシアチブをとって世界の先頭に

たてる立場にある事をみんなに思い出してほしいなーとおもいました。










[PR]

by hira-do1981 | 2017-08-30 18:22 | スペインどうでしょう | Comments(0)

ヒラードのスペインどうでしょう8



全体会議ーーん


c0217246_06253238.jpg

てなことでミドルシュートです

この日から!青年も女性も男性も全てのカテゴリーの人が

入る全体の会議が始まりました、いままでも


その熱気に圧倒されていましたが、それを軽く超える熱気でした

ま、本番はここからって感じですかね?


基本、この写真に載せたようなかんじで全体会議をし、


c0217246_06235506.jpg


午後かからは地域に別れて会議をするってのが基本的な流れでした、


結構スケジュールきつきつです


この間たまたまスペインと台湾に連続していくことになったのみて、


ヒラード金持ってるなー


余裕だなー遊んじゃっってーなんて思ってる方がチラホラいたので、


ヒラード、遊びでスペイン行ったわけじゃ無いぞ~


しかもお金は渡航費滞在費あっち持ちだぞ~


とここにまた強調させていただきたいですー


会議には、やはりなかなかのビックそうなゲストが来てましたよー!!!


って来賓挨拶してる姿を見て、そうおもっただけなのですが、


c0217246_06242659.jpg


c0217246_06245002.jpg


例のミスティカもグレードアップしてます。プロっぽい人が箱の上の台に乗って、


バスクの踊りをしてるんでしょうね、日本でいう神輿てきなのかなー、



c0217246_06290149.jpg


そういうセレモニーもそこそこに全体会議初日は


ビアカンペシーナのこれまでの歴史について報告がありました。


要約して書きますよ。


ラテンアメリカでは、声なき人の声を伝えるためにやってきた、小農民のアイデンティティを

認める500年に渡る先住民からの戦いを継承してきた、今までは世界に伝える手段がなかったけ

ビアカンペシーナのおかげでできるようになった

ビアカンペシーナは、運動の中でも女性と青年が参加するスペースがある組織


各地域から、男性と女性と青年の比率が3分の1づつになる事を推奨している。

食糧主権のための活動、種子の保存、アグエコロジーの推進、小農民の権利を守る

活動、人々のアイデンティティを守る活動、先住民の権利を守る活動をしている。


みんなでイデオロギーの訓練をしなきゃいけない、アフリカの国々の中には

ビザが出ないとこもある、だからこちらから行かなきゃいけないし、

アジアは人口が多いから強化して行かなきゃいけないとしています


2013年から、各大陸でどのような活動、問題点があったか?


この間、コロンビアで行われた会議では

右翼が帝国主義の壁を作っているような社会を作っている

それに対しどう抵抗していくか?水、土地、あらゆる地球のために

戦っていきたい、 ビアカンペシーナの活動が健康をもたらし平等を

もたらす唯一の方法だと

コロンビアでは政府に圧力をかける事ができている


アフリカではWTOに対する行動をこれからも強めていく

アグエコロジーこそが対案である。

種子を守る種子の支配をさせない、より大きな教育と学校をつくっていく

2018年に権利宣言をウガンダで行う予定、


トルコでは、


一人では夢を見る事は機能しない、みんなで夢を見ないと機能しない

資本主義の政府がどのような抑圧をかけてくるか、それに対し、ビアカンペシーナを

通して、戦っていきたい


エジプトでは、サトウキビのプラントをつくっている、ここは国の土地にアクセスでき、1haで

二千人が働ける。我々が食糧を提供し、世界を変えるための働きを構築する。

10月16日にNAFTAの再交渉がはじまった。

2000億ドル社会保障費を削減し、軍拡に使われた、南から来た人捕まっている。

奴隷労働食品会蔓延している、気候変動を促進しているその建設にも反対してる

企業が化石燃料の建設に投資している。風力発電にして、エネルギーの分散をすべき


アジアでは、貧困の世界だが、我々の土地が水を守り、温度活動を行なっている、

ネパールでは食糧主権を憲法に盛りこんだ。


ヨーロッパでは、食糧主権のための会議で43カ国に集まってもらった、食糧主権の

ための活動が始まった国もある

もっと東ヨーロッパに参加してもらえいたい

移民に対する偏見があるのを直したい!小農民がGMOを拒否したら、GMO側が法律をかえてきている。


今回はかたーい話になりましたね、でも、これ次回もつづきますうううう



c0217246_06232163.jpg



[PR]

by hira-do1981 | 2017-08-23 06:29 | スペインどうでしょう | Comments(0)

ヒラードのスペインどうでしょう7







ゴーゴーパワーレンジャー!!!!!!



c0217246_04250146.jpg


てなことでミドルシュートです。


スペイン3日目の夜ですね。


この日は仲良くなったアジアメンバーとパーティナイト!!!



c0217246_04261681.jpg


という名の2次会ですね、


各々の国のおつまみなどなど、もって、部屋に集合ってな感じで集合


色違いのハーブティシャツをプレゼントすると、


アンガーがGOGOパワーレンジャー!


と日本の戦隊物シリーズなんだとおもうんですけど


テンション上げてきて そのほかにも普通に


ドラゴンボールやあられちゃん、忍者ハットリくん


キャプテン翼、ナルト等等彼の母国インドネシアで


普通に放送されていたみたいで、本当に


日本のアニメ・漫画文化ってのは本当に


世界中の人から愛されていることをかんじます、


各国の人がそんなに アニメ 漫画を見てるってことですよね?


だけど、不思議なのはなぜ??


各国のオリジナルの漫画 アニメは日本ではほぼ全くと言って


いいほどでてこないんでしょうね?


映画はいろんな国から色んな監督、


色んな作品が出てくるんですけどねー、あれは本当に不思議ですね。


そんなアンガーが今度は、


日本の最低紙幣と、インドネシアの最低紙幣交換して


ほしいというので、ヒラードもそいうの大好きですから快く交換しようと


したんですね、そしたら、


紙幣の価値が全然ちがってて、日本だと1000円が


一番下ですが、インドネシアだと、


忘れちゃいましたが、100円とかぐらいの価値の紙幣も


あるんですね、だから、


アンガーは気を使って、え、最低紙幣そんなんするの?


交換したらわるいじゃんってなったのですが、


グッドメモリー、


OK OK


てなことで交換しました。


で、当然、その紙幣に書かれている人の話になり、



この紙幣に書かれている、人はインドネシアの国民的英雄で


モハンマド フスニ タムリン


さんというらしいです。



c0217246_04345470.jpg


インドネシアは日本から占領される前はオランダに占領されていて、


この人が


インドネシアの独立にすごい力を発揮したんだよと教えられました。


モハンマドさん 正直全然知りませんでした。


ヒラード昔から歴史は好きな方なので、


そういう各国の歴史が聞けるのは本当にありがたいし、


嬉しさの反面、今まで本当に


何を学んできたのか?学ぼうとすらしてこなかったなーと


反省させられましたね


あと、日本に占領されてたんだよと面と向かって言われると、


ちょっとドキッとしますよね?


そも事実はもちろんしってるし、


あの時、日本軍が相当ひどい事をしたのもしっていますが、


普段全く意識してなかったなぁと、


で、おれが、アンガーにそうだったね、ごめんね、というと、


彼はオーケー、オーケー、日本はたった、35年だけど、


オランダからは350年支配されれきた


からねー、大丈夫、大丈夫、みたいな感じだったけど、


ほんと、人間の争いの歴史ってかなしいし、でも、だからこそ、


その歴史から必ず学ばなきゃいけないものがあるなと、


再認識させられましたね。


で、ちょっとモハンマドさんのこと、事しらべたのですが、


彼は1894年ジャカルタ生まれ


ジャカルタの副市長から人民評議会メンバーとなり、


民族解放と、インドネシア語の使用


などをオランダに提言した人ということでした。


タイの紙幣と



c0217246_04351982.jpg


ベトナムの紙幣です。



c0217246_04350686.jpg


この時は何した具体的になにしたひとか聞かないでしまったので、


ちょっとしらべました。



タイの紙幣に描かれているのは有名なプミポン国王です。


在位した期間はとても長くて


タイ国民から絶大な支持をえています。軍事政権の中いろいろ飜弄されるも


タイが困ったときはこの国王がすっとでてきて、


その問題の解決に力を発揮してきた人のようです。タイの象徴ですね。


ベトナムの方は初代国家主席ホー・チ・ミンさんだそうです。


調べてみると、


全ての紙幣にホー・チ・ミンさんが描かれているようで、


ホー・チ・ミンさんの


ベトナムのシンボル感を感じますね、


ヒラード、なんとなく、名前は聞いた事あるかなー


ぐらいの認識でした。


フランスから長年支配されていたベトナムの独立を勝ち取った


人であり、その人がらも、


権利を持った後も無欲でベトナムの自由の為だけに生きた


人だったみたいですね、


で、ベトナムの人の誰もが歌えるカントリーソングが、


ベトナーム ホー・チ・ミン、ベトナームホー・チ・ミンと大合唱します。


リズムも単調なんだけど、


こう全く初めて聞くヒラードも思わず口ずさんじゃうような


唄なんですよねー


で、この歌はベトナムだけでなく、


近隣の東南アジア諸国にもなじみがある


みたいで、アンガーも、カティもパイトゥーンもフアンも


みーんな歌います。



で、当然、この日本の1000円紙幣に書かれてる人は誰なんだい?


となりますよね??


野口英世さんです。何をした人か??


わかりますよ、さらっとは、でも、正直全然語れなかった。


うーんかれは科学者だよ。。。。。これぐらい、


そもそも、日本を代表する人物って野口英世なの??


彼の研究で、助かった命もたくさんあるんだろうけど、


本当に自分の浅い知識が故になのかもしれないけど、


もっと、だれもが、その功績を聞いて紙幣にするのに


大賛成!!!!


っていそうな気がするんだけどな、、、、、


みなさんだれがいいとおもいます??


この動画がそのうたでホー・チ・ミンおじさんのうたと言うらしい


誰かうたってないかな?とさがしたらでてきた動画です。


こんな歌だよ。 耳にのこるでしょ?



c0217246_04282210.jpg




[PR]

by hira-do1981 | 2017-08-13 05:08 | スペインどうでしょう | Comments(0)

ヒラードのスペインどうでしょう6



ビルバオシティーン


c0217246_11353087.jpg



てなことで、



青年部は総会が終わった後、半日 時間があいたので、


いってまいりました、ビルバオ中心街


ホテル近辺は 閑散としてて、東北自動車道どうにいるみたいと


お伝えしましたが、


c0217246_11323208.jpg



c0217246_11342303.jpg



街中はすごい古き良きヨーロッパがそのまま


おとぎ話のようにのこっています


気候もものすごくいい!!!晴れて、太陽の日差しが明るいのに


からーーーとしててかつ、暑くないという、こんな天国みたいな街が


世界にはあるんですねーー


アジアメンバーで、街を散策。


アジア人からするとこういう街並みってのは


なかなか味わえないものですからね~、


テンションあがりまくりで写真をとりまくりです。


こんなモデル雑誌のような1枚も撮られてるモデルがいいのか、


撮ってるヒラードがいいのかどっちでしょうねー


c0217246_11370204.jpg




ヒラードと、インドネシアの農民アンガーはすぐにでも、


アスレチックビルバオfcのホームスタジアムのサンマメススタジアム


に行きたかったのですが、女性陣のまずスベニーアショッピング、


スベニーアわかります??


お土産ね、今回初めてしりました。


そのスベニーアを買うために街を散策散策


川沿いをあるいていると あの!!!世界的に有名らしい、


ビルバオミュージアムが!!!


c0217246_11392736.jpg


c0217246_11374943.jpg


c0217246_11383470.jpg


c0217246_11400800.jpg


c0217246_11405479.jpg



ってしらなかったのですが、


この蜘蛛 みたことありません??


六本木ヒルズでみたことあるような、、、、


なんかきっと関係あるんでしょうね、


知ってる方いたらおしえてください。


この猫のオブジェもどうやって、この高さまで花を植栽したんだか


植えてある花自体はそんなに珍しくいものでもないので


ぜひ蔵王でもつくってもらいたいです、その際はうちに花苗を


頼んでくださーい。町長!!どうですかーー??


と歩くこと数時間やっと


女性陣のお目当の、地元のショッピングモールへ


なかは正直に日本のデパートとそんなには変わらないのですが


バスクの店員さんやお客さんは なんかビジュアルもそうなのですが、


体型も綺麗なひとが多いようなきがします、


みんな健康そうなんです。これはヒラードによる仮説ですが、


この時期のバスクの地方ってよる10時ぐらいまで平気であかるいんです、


結構よる遅くまで子供も大人も外で遊んでるんですね


だから、しごと帰りとかめちゃくちゃ運動とかしてるのではないかと、


ビルバオのご飯も街全体として考えた時に


一番ミシュランの星を持ってる、世界一の食の都だということも


聞いたことありますし、いいもの食べて、いい運動をして、太陽を浴びまくる


きっとこれが彼女たちを綺麗にしているのかもしれません




c0217246_11442418.jpg


c0217246_11422365.jpg

c0217246_11414492.jpg


c0217246_11431178.jpg


c0217246_11450794.jpg


c0217246_11462370.jpg



c0217246_11433657.jpg






[PR]

by hira-do1981 | 2017-08-06 11:52 | スペインどうでしょう | Comments(0)

ヒラードのスペインどうでしょう5


ゆーすーん



てなことで、


ミドルシュートです


各分科会でどのような まとめ 意見があったかといいますと


c0217246_23090758.jpg




  1. コミュニケーションについては


このビアカンペシーナは世界組織ゆえに


言語の問題がどうしてもでてきてしまう


組織としてどんな地域からの参加でも最大限の


バックアップをしていくぞと


大人の部と違うところは青年部はインターネットの使い方になれている


ここももっと有意義に有益に使っていこうと ただ、


インターネットがつながって


いない地域もあるのでそこへのフォローもわすれてはいけない、


印刷物も活用していかないと


② トレーニングの問題について


ビアカンペしてが推奨するアグエコロジーを


学ぶための学校を運営するためには


高いお金をはらう仕組みになってはいけない。と


③ 土地アクセスの問題は


前回のブログにながく詳しく書いたので省略します。


④ 移住者の問題では


アフリカではやっぱり貧困の問題が大きい


青年農家の機械の少なさがある


多くの青年は大学で学ぶためにヨーロッパに移住してしまう、


あたかも


ヨーロッパに移住すればパラダイスが


待っているかのように思っている。


将来何が起こるかわからない。家族に何がおこるかわからない


全ての地域同様のことがおこっているんだと


全世界で考えていかなければ


持続可能な社会になっていかないと


移住を促進させている理由の中で、


気候変動の問題も大きい。サハラでは


食糧を求めて移動している。


青年が工業化の波に影響されている


政府の対応が甘い。


この都市部への移住の解決策は


農村部で土地を得るための条約が各国に必要である。


若い人の政治的なトレーニングがが必要で、


若い人からの意見、表現も大事にすべき


戦いを世界的な流れにしていこうと


で、これらの、話をうけて、最後の全体で討論するんですが、


それででた話が


土地へのアクセス土地への


土地の権利は別なものとして考えなきゃいけいない


土地へのアクセスは借りるということ、


政府は土地を小農民に売るということ


ができないという法がある、


本来は 政府は土地を小農民に与える権利がある、


アクセスではなくて

権利があるといっていかなければならない、


人々は教育を求めて都市部に移住してしまう、


青年は権利として、権利を求めて


都市部にいくそれを防ぐために地域でも


そのニーズをみたす政策が必要である


農村地域でもその要求を満たす場所が必要である。


組織として、この問題を


重く受け止めて、農村地域の声をまとめて、


国にレベルでの政策を作っていかなければならない。


この政策を作るためにはここにいる人全ての責任として各国の組織に


伝える義務がある。 移住の問題は


気候変動 農村部の教育問題のみならず、


戦争が行われており、


パレスチナの農家は毎日イスラエル軍からの


攻撃をうけていて農業ができないというような


今の日本では全く考えられないような


大きな大きな世界の農業問題が


あります


以上のような事から ヒラードがおもったのは


農業がのみならずだけど、


平和が保障されてこその農業ができる、


最低限ここが保障されていないと、


ほんとうに何もできないなーと


世界中のいろんな問題を聞いてるうちに


ヒラードも懲りずに発言したくなっちゃって


9条のことを話しました。世界のひとが、


どの程度 戦争放棄を訴え、戦後それを


なんとか紆余曲折をえながらでも


守っているこの9条の存在をしってるんだろうか


という思いもあり、勇気をだしました。


c0217246_23095778.jpg


発言直後はあまり反応なかったのですが、メキシコの青年が


YOUの発言はよかった、平和に言及してるところがよかった


といってもらい、よかったですーー


この会議の直後にあのミスティカをする番に


もう、英語もききとれないし、なんか、帽子渡されるし、、、


とりあえずフォローYOU フォローYOU!


c0217246_23103926.jpg


音楽がなり、おれの役目は並んでるいるひと、一人、一人に


タネを渡す役目。 こう、種をみんなでわけましょうねーって意味が


あるんでしょうね。


そして、最後はみんなで合唱!!


この曲がねーまた、かっこいいんですよ、あとでわかることなのですが


バスク地方の若者に人気があるバンドに作ってもらったぽい


曲なんですよー、いい曲ってのに歌詞わからなくても伝わるもの


があるんですねー


おっおっおー こうして、青年部総会は幕をとじてましたー


c0217246_23114079.jpg
下の画像クリックすると


青年部の総会の動画がながれるよー


みてみてーーー







[PR]

by hira-do1981 | 2017-08-04 23:34 | スペインどうでしょう | Comments(0)

ヒラードのスペインどうでしょう4

そうかいーん!!


c0217246_22123861.jpg


てなことで、青年総会分分科会では、4つのテーマにわけられました。

  1. コミュニケーション
  2. 土地アクセスと小農民の権利の問題
  3. 気候変動とアグエコロジー
  4. 政治的トレーニング



の4つの中から ヒラードは


②をえらびました。

正直日本では、土地を政府から収奪されるということはなくて、


権利の問題はあるけれども、


農地を持っている人は誰かに


その権利を譲りたいと思っている人がたくさんいて、


世界の情勢とその日本の情勢のちがいから、


なにかみえてこないかなーという理由からでした。


この会議の中ででた報告、意見は


アメリカでは土地が公共のものという認識があるので、結局政府側の意向がでてくる、本当に農業を推進するならば、もっと政府側が農業に力を入れるべき


イングランドでは

土地の相続税が25%かかりとちの価格も上がってるので、取得できない。土地を借りるか、グループをつくり共同購入するという対応をせざるをえない


ブラジルでは毎年多くの自分たちの土地を守ろうとしている

農民が殺されており、今年に入ってだけでも40人が殺されている。

鉱山取得でも大企業が土地を収奪している


西アフリカでは 女性農家が 女性というだけで農地を父親から引き継げない

徐々にこのもんだいも ビアカンペシーナのおかげで明るみになってきた


大陸を守るために戦わなければならない

この宣言が法的拘束力はないのは

問題だとされるのはわかるが、

多国籍企業を法的にしばれないとしてもしばる

活動をしていかないといけない 自分たちの国にロビーしなかけれいけな


アンダルシアの活動では 多くの農民が土地にアクセス出来ない

66パーセントの土地が6%のひとに所有権を所有されており、

その所有権を所有しているのが 銀行などとなっている。

土地の高騰により投機マネーの材料とされている。


資本主義は人をころしている。



ニカラグアでは

戦争がおきていた 安定した平和が必要でそこから大きな前進をした

土地の分配プログラム 農民に安定した平和が必要だった


そこから土地の分配プログラムがはじまり大きな前進をしたが、

まだまだその速度がゆっくりなことを問題視している


タイでは

軍事政権がもんだいとなっており

政府が市民から権利をうばった44条というのを発動させた

軍事政権がいうことをきけという条項になっており

街灯でデモすらできない

タイで行動するとつかまってしまう

土地に水と種子があれば農業ができる。


各国様々な問題を抱えてるし、


ヒラードが普段直面している問題よりも


より、命に直結した緊急課題が多いだなと実感しました。


このまとめを各々の分科会でして 次の日の総会に集約される


ながれとなっております。


夜は、ご飯たべたあとあの謎のミスティカの準備やるぞーーと言われ


大会がおわったいまだと、


友達になった、みんなとよりコミュニケーションも


とれるようになったし、英会話も慣れるもので最初よりは


だいぶよくなったし、この大会のながれとか目指すべき方向を示して


いるものとか、


それを表現するものがこのミスティかというセレモニーだと


理解できるんだけど、


この時は本当に????????みたいなかんじで


とりあえず、ここに9時集合ねみたいなかんじで不安だったなー


そんなヒラードをよく懲りずに面倒みてくれたのが、


インドネシアのアンガー、


ベトナムのフアン


タイのカティとパイトゥーンかれらには


本当に感謝したいですね。


c0217246_22140871.jpg


日本からもっていったアイテムが



彼らとの距離を縮めてくれるのにやくにたちました


サンキュードラゴンボール


サンキューアラレ


サンキューナルトー



サンキュードラえもーん


c0217246_22164690.jpg




写真はそのミスティカの


準備をしています


c0217246_22150766.jpg



[PR]

by hira-do1981 | 2017-08-04 22:18 | スペインどうでしょう | Comments(0)

ヒラードのスペインどうでしょう3

セミナリオーン


てなことで、なにもわからないで朝を迎える、


うーん、不安、 まあ、とりあえず、ロビーに行こう、


昨日は夜だったので、どんな街かわからなかったしと思い、


ホテルの外にでてみると、


ビアカンペシーナのでっかいでっかい垂れ幕が、


あれ?国連のマーク入ってる。


こりゃ、えらいとこに来たもんだなーと実感、








c0217246_00302832.jpg






正直、ホテルから見える風景は、


山の中をはしってる高速道路があって、


その風景は東北道の福島から宮城を走っているような風景でどこかなつかしい。 あんまり遠くに行くと迷子になるので、


ロビーにもどると、 日本人の女性がおう!


やっときたねぐらいの感じで声をかけてくれて、


あ、この人が日本の事務局が頼んだ、通訳の人かーー、


スロバキア人ってきいてたんだけどなー、、、


移住したのかなー?? と思い、


日本語で日本にはいついたんですか?と聞くと は??みたいな



顔されて、 英語ではやくご飯たべないとなくなるよといわれ、


片言の日本語でいろいろ聞かれ、

え通訳ってこれぐらいの日本語のレベルでなれるの??


大丈夫かかいな?と正直おもっていたら、


全然違う人で、韓国の農業組織のスタッフのかたで、


日本人のヒラードをみて、 声かけてくれたんですね、


すいません、 声かけてもらっれすごくほっとしました。


朝食後 早速、青年部総会が始まりました。


はじまって早々いきなりのライブ?


農業をテーマにした、寸劇??


c0217246_00334975.jpg


これを ミスティカというらしい、

この時はしらなかったけど、


このミスティカ、毎日やります。

そして、自分たちにもふりかかってきます。


めちゃくちゃカッコイイんだけど


日本人の感覚ではちょっとできないな。と。



あれできるような団体になったら、


もっと、一緒にやろうと勇気付けられるひとは


いるだろうなと。


c0217246_00305564.jpg


挨拶もそこそこに

アイスブレイクもかねた、


全体への質問コーナー YESならこっち NOならこっちてな感じね。

移動します。 農民ですか 事務局ですか?


みたいなとか 土地を持ってるか?もってないかとか?



農業の世界大会だけあって、アイスブレイクも農業なんだなと、 その中で気になったのは 20代ですか?30代ですか? 35歳以上ですか??


みたいな質問もあり、

これが圧倒的に20代が多いの、


正直みんな俺より老け顔だけど、、


36以上なんて全体の


1パーセントいませんでした。

危うくその1パーセントになってしまう事に。


その次に行ったのはフィッシュボウルと言われる議論方式で


真ん中に5つ椅子を用意して、


まず始めにそこに座った五人にある、


テーマに対して議論してもらい


、周りの人がそれを見守り、


意見があれば真ん中に歩いて行って、


真ん中の誰かと交換してぐるぐる意見をかき混ぜていくという方式で


始めに各大陸から一人でてくださーい。


アジアはー?ってなったので、 一応ね最初はくうきをよんだんですけど、


だれもいないようなので、


ヒラードアジアの先頭をきってやりましたよ。


ここまできて、奥してしまったらもったいない!


自分で自分のハードルをあげちゃういつもの癖がでちゃいました。


c0217246_00372489.jpg


c0217246_00374063.jpg


第1問は 青年部の意義はなんですか??という もので、


自分が先にいっちゃったから みんなが何言ったかめもってなくて、


おれがいったのは青年部を大代表してここに来てると


いうことは未来への投資なのかなーと いいました、


ただ、一方で、わざわざ、青年部と壮年部をわけることで、


この二つの組織に隔たりがうまれたりしちゃってることって


みんなの国ではないかい?と問いかけると、



青年をこういう活動から遠ざけている理由は?とう問いに変わり、


壮年部の指導者が、長年その組織の長としているので、


青年のニーズをわかっていないとか、


そもそも若者の農業離れが日本だけでなく、


ヨーロッパでもすすんでて、


いい教育を受けようとすると結局都市部にいくしかなくて、


青年が年に流出していくのも大きな問題農村部でも


同じような教育を受けるれる環境をつくっていけるといい、


都市部にいくだけでいい生活ができるとゆめみてしまい、


都市部にいく青年も多いの一方で


金融危機が農業を見直すきっかけになった。



アルゼンチンでは農業の学校をしている人が都市部の青年もうけいれ、


農村部の青年のと都市部の青年を交流させている。


アメリカでは


資本主義の影響が大きく 青年が地域からとざかってく


もっと農業を魅力あるものにしなきゃいけない


メキシコでは


政治

経済

文化の危機にある

組織自体が犯罪者あつかいされている




農村地域で生計をたてる仕組みを作らないといけない。


アフリカでは


小農民の中に女性が少ない


政権が農業に関心をもっていないのが問題


農業に興味をもってても国をでなきゃいけない現状がある。


人口の70%が若者

農業が盛んだけど

輸入も多いし

若者が農地は余ってるのにしゅとくすることができない。

アフリカを分けようとしている力が働いている


ネパールでは、


多くの農民が自殺している


インドで青年キャンプをしたいいトレーニングになった。


農業が尊敬される必要がある。


60%が農民イメージがわるい、その戦いがひつよう。


中東


イスラエルの占領下にある


1941年以降

イスラエルのしはいか

アメリカがそれの後押しをしている。

水と土地が支配されている、

土地を没収されている

ガザ地区で家屋も没収されている

イスラエルは化学兵器もつかっている

放牧地域が存在しない


ヨーロッパ


様々な多様性がある、

工業てきな農業がおおい

政府が応援している

酪農製品の

大規模な酪農工場ができた

60代が平均

2005年から2013年にかけて、青年農家が100万人へった

輸出輸入がFTAをとうして

ひろがっている

国境はとじられているのに、資本主義だけにたいしては開かれている矛盾

戻ってる青年もいる、

青年の取り組みを拾い上げるひつようがある

どのように農業と政治的なものをつなげていくか

極めて重要な機会である


その一つの答えとしてアグエコロジーがあるんだーというんだけど


ヒラード自身あまり、アグエコロジーをまだわかってなので、


ちょい勉強しますね


宣言を作り行動計画をつくるのが重要


1993年、国際レベルでは農民の声が全く聞こえてなかったが


25年経った今、ビアカンペシーナはどんどんおおきくなり


国連にまで小農民の権利が主張できるようになったんだーとのことでした。


青年には想像力とエネルギーがあるそれを


生かしてたたかっていきまっしょいって事でした。


ながっ!!これでまだ半日です。


これからどんどん内容が濃くなってきます。


c0217246_00375238.jpg
c0217246_00345427.jpg




[PR]

by hira-do1981 | 2017-07-22 00:40 | スペインどうでしょう | Comments(0)
line

サッカーと蔵王をこよなく愛するヒラードが蔵王の隠れた魅力を紹介します。


by hira-do1981
line