ヒラードのスペインどうでしょう4

そうかいーん!!


c0217246_22123861.jpg


てなことで、青年総会分分科会では、4つのテーマにわけられました。

  1. コミュニケーション
  2. 土地アクセスと小農民の権利の問題
  3. 気候変動とアグエコロジー
  4. 政治的トレーニング



の4つの中から ヒラードは


②をえらびました。

正直日本では、土地を政府から収奪されるということはなくて、


権利の問題はあるけれども、


農地を持っている人は誰かに


その権利を譲りたいと思っている人がたくさんいて、


世界の情勢とその日本の情勢のちがいから、


なにかみえてこないかなーという理由からでした。


この会議の中ででた報告、意見は


アメリカでは土地が公共のものという認識があるので、結局政府側の意向がでてくる、本当に農業を推進するならば、もっと政府側が農業に力を入れるべき


イングランドでは

土地の相続税が25%かかりとちの価格も上がってるので、取得できない。土地を借りるか、グループをつくり共同購入するという対応をせざるをえない


ブラジルでは毎年多くの自分たちの土地を守ろうとしている

農民が殺されており、今年に入ってだけでも40人が殺されている。

鉱山取得でも大企業が土地を収奪している


西アフリカでは 女性農家が 女性というだけで農地を父親から引き継げない

徐々にこのもんだいも ビアカンペシーナのおかげで明るみになってきた


大陸を守るために戦わなければならない

この宣言が法的拘束力はないのは

問題だとされるのはわかるが、

多国籍企業を法的にしばれないとしてもしばる

活動をしていかないといけない 自分たちの国にロビーしなかけれいけな


アンダルシアの活動では 多くの農民が土地にアクセス出来ない

66パーセントの土地が6%のひとに所有権を所有されており、

その所有権を所有しているのが 銀行などとなっている。

土地の高騰により投機マネーの材料とされている。


資本主義は人をころしている。



ニカラグアでは

戦争がおきていた 安定した平和が必要でそこから大きな前進をした

土地の分配プログラム 農民に安定した平和が必要だった


そこから土地の分配プログラムがはじまり大きな前進をしたが、

まだまだその速度がゆっくりなことを問題視している


タイでは

軍事政権がもんだいとなっており

政府が市民から権利をうばった44条というのを発動させた

軍事政権がいうことをきけという条項になっており

街灯でデモすらできない

タイで行動するとつかまってしまう

土地に水と種子があれば農業ができる。


各国様々な問題を抱えてるし、


ヒラードが普段直面している問題よりも


より、命に直結した緊急課題が多いだなと実感しました。


このまとめを各々の分科会でして 次の日の総会に集約される


ながれとなっております。


夜は、ご飯たべたあとあの謎のミスティカの準備やるぞーーと言われ


大会がおわったいまだと、


友達になった、みんなとよりコミュニケーションも


とれるようになったし、英会話も慣れるもので最初よりは


だいぶよくなったし、この大会のながれとか目指すべき方向を示して


いるものとか、


それを表現するものがこのミスティかというセレモニーだと


理解できるんだけど、


この時は本当に????????みたいなかんじで


とりあえず、ここに9時集合ねみたいなかんじで不安だったなー


そんなヒラードをよく懲りずに面倒みてくれたのが、


インドネシアのアンガー、


ベトナムのフアン


タイのカティとパイトゥーンかれらには


本当に感謝したいですね。


c0217246_22140871.jpg


日本からもっていったアイテムが



彼らとの距離を縮めてくれるのにやくにたちました


サンキュードラゴンボール


サンキューアラレ


サンキューナルトー



サンキュードラえもーん


c0217246_22164690.jpg




写真はそのミスティカの


準備をしています


c0217246_22150766.jpg



[PR]

# by hira-do1981 | 2017-08-04 22:18 | スペインどうでしょう | Comments(0)

ヒラードのスペインどうでしょう3

セミナリオーン


てなことで、なにもわからないで朝を迎える、


うーん、不安、 まあ、とりあえず、ロビーに行こう、


昨日は夜だったので、どんな街かわからなかったしと思い、


ホテルの外にでてみると、


ビアカンペシーナのでっかいでっかい垂れ幕が、


あれ?国連のマーク入ってる。


こりゃ、えらいとこに来たもんだなーと実感、








c0217246_00302832.jpg






正直、ホテルから見える風景は、


山の中をはしってる高速道路があって、


その風景は東北道の福島から宮城を走っているような風景でどこかなつかしい。 あんまり遠くに行くと迷子になるので、


ロビーにもどると、 日本人の女性がおう!


やっときたねぐらいの感じで声をかけてくれて、


あ、この人が日本の事務局が頼んだ、通訳の人かーー、


スロバキア人ってきいてたんだけどなー、、、


移住したのかなー?? と思い、


日本語で日本にはいついたんですか?と聞くと は??みたいな



顔されて、 英語ではやくご飯たべないとなくなるよといわれ、


片言の日本語でいろいろ聞かれ、

え通訳ってこれぐらいの日本語のレベルでなれるの??


大丈夫かかいな?と正直おもっていたら、


全然違う人で、韓国の農業組織のスタッフのかたで、


日本人のヒラードをみて、 声かけてくれたんですね、


すいません、 声かけてもらっれすごくほっとしました。


朝食後 早速、青年部総会が始まりました。


はじまって早々いきなりのライブ?


農業をテーマにした、寸劇??


c0217246_00334975.jpg


これを ミスティカというらしい、

この時はしらなかったけど、


このミスティカ、毎日やります。

そして、自分たちにもふりかかってきます。


めちゃくちゃカッコイイんだけど


日本人の感覚ではちょっとできないな。と。



あれできるような団体になったら、


もっと、一緒にやろうと勇気付けられるひとは


いるだろうなと。


c0217246_00305564.jpg


挨拶もそこそこに

アイスブレイクもかねた、


全体への質問コーナー YESならこっち NOならこっちてな感じね。

移動します。 農民ですか 事務局ですか?


みたいなとか 土地を持ってるか?もってないかとか?



農業の世界大会だけあって、アイスブレイクも農業なんだなと、 その中で気になったのは 20代ですか?30代ですか? 35歳以上ですか??


みたいな質問もあり、

これが圧倒的に20代が多いの、


正直みんな俺より老け顔だけど、、


36以上なんて全体の


1パーセントいませんでした。

危うくその1パーセントになってしまう事に。


その次に行ったのはフィッシュボウルと言われる議論方式で


真ん中に5つ椅子を用意して、


まず始めにそこに座った五人にある、


テーマに対して議論してもらい


、周りの人がそれを見守り、


意見があれば真ん中に歩いて行って、


真ん中の誰かと交換してぐるぐる意見をかき混ぜていくという方式で


始めに各大陸から一人でてくださーい。


アジアはー?ってなったので、 一応ね最初はくうきをよんだんですけど、


だれもいないようなので、


ヒラードアジアの先頭をきってやりましたよ。


ここまできて、奥してしまったらもったいない!


自分で自分のハードルをあげちゃういつもの癖がでちゃいました。


c0217246_00372489.jpg


c0217246_00374063.jpg


第1問は 青年部の意義はなんですか??という もので、


自分が先にいっちゃったから みんなが何言ったかめもってなくて、


おれがいったのは青年部を大代表してここに来てると


いうことは未来への投資なのかなーと いいました、


ただ、一方で、わざわざ、青年部と壮年部をわけることで、


この二つの組織に隔たりがうまれたりしちゃってることって


みんなの国ではないかい?と問いかけると、



青年をこういう活動から遠ざけている理由は?とう問いに変わり、


壮年部の指導者が、長年その組織の長としているので、


青年のニーズをわかっていないとか、


そもそも若者の農業離れが日本だけでなく、


ヨーロッパでもすすんでて、


いい教育を受けようとすると結局都市部にいくしかなくて、


青年が年に流出していくのも大きな問題農村部でも


同じような教育を受けるれる環境をつくっていけるといい、


都市部にいくだけでいい生活ができるとゆめみてしまい、


都市部にいく青年も多いの一方で


金融危機が農業を見直すきっかけになった。



アルゼンチンでは農業の学校をしている人が都市部の青年もうけいれ、


農村部の青年のと都市部の青年を交流させている。


アメリカでは


資本主義の影響が大きく 青年が地域からとざかってく


もっと農業を魅力あるものにしなきゃいけない


メキシコでは


政治

経済

文化の危機にある

組織自体が犯罪者あつかいされている




農村地域で生計をたてる仕組みを作らないといけない。


アフリカでは


小農民の中に女性が少ない


政権が農業に関心をもっていないのが問題


農業に興味をもってても国をでなきゃいけない現状がある。


人口の70%が若者

農業が盛んだけど

輸入も多いし

若者が農地は余ってるのにしゅとくすることができない。

アフリカを分けようとしている力が働いている


ネパールでは、


多くの農民が自殺している


インドで青年キャンプをしたいいトレーニングになった。


農業が尊敬される必要がある。


60%が農民イメージがわるい、その戦いがひつよう。


中東


イスラエルの占領下にある


1941年以降

イスラエルのしはいか

アメリカがそれの後押しをしている。

水と土地が支配されている、

土地を没収されている

ガザ地区で家屋も没収されている

イスラエルは化学兵器もつかっている

放牧地域が存在しない


ヨーロッパ


様々な多様性がある、

工業てきな農業がおおい

政府が応援している

酪農製品の

大規模な酪農工場ができた

60代が平均

2005年から2013年にかけて、青年農家が100万人へった

輸出輸入がFTAをとうして

ひろがっている

国境はとじられているのに、資本主義だけにたいしては開かれている矛盾

戻ってる青年もいる、

青年の取り組みを拾い上げるひつようがある

どのように農業と政治的なものをつなげていくか

極めて重要な機会である


その一つの答えとしてアグエコロジーがあるんだーというんだけど


ヒラード自身あまり、アグエコロジーをまだわかってなので、


ちょい勉強しますね


宣言を作り行動計画をつくるのが重要


1993年、国際レベルでは農民の声が全く聞こえてなかったが


25年経った今、ビアカンペシーナはどんどんおおきくなり


国連にまで小農民の権利が主張できるようになったんだーとのことでした。


青年には想像力とエネルギーがあるそれを


生かしてたたかっていきまっしょいって事でした。


ながっ!!これでまだ半日です。


これからどんどん内容が濃くなってきます。


c0217246_00375238.jpg
c0217246_00345427.jpg




[PR]

# by hira-do1981 | 2017-07-22 00:40 | スペインどうでしょう | Comments(0)

ヒラードのスペインどうでしょう2

ハネダーン


羽田空港を出発して早11時間、


やっとドイツのフランクフルト空港にのつきました。


まあ、そのぐらいかかるのはしってましたから、


いかに楽しくその時間を過ごそうかと考えて、


ネットフリックスであらかじめ色々


ダウンロードしてきましたよ、


でね、はじめに見たのが愛の渦、


名女優 門脇麦ちゃんがトップレスになりながら、


迫真の演技で乱行クラブの中の


ヒエラルキーを描いた話題作ですが、


これを今回の旅でチョイスしたことをちょっと後悔、


これ、半分が男とが女が裸になってこうふんしてシーンだもん、


はたから見てたらAVですもん


これ見ながらいつドイツのスチュワーデスさんに


怒られちゃうんだろうかとドキドしながらみてました。


内容の感想はねー 窪塚君の存在感が際立ってたのに、


あまり話に関係してない感じが残念かなーと。麦ちゃん最高です


2作目がHerという作品で一人の離婚の危機を


迎えた男性が いつの間にかコンピューターのOS


恋して行ってしまうという近未来を描いた作品で


実体がないものをここまで好きになっていく?


と思いながらもバカにできない現代社会のやみを感じれる作品ですオス


スメですって


映画のブログみたいになってる。


で、なんやかんやで機内食もおいしかったし、


よかったけど、やっぱり10時間すわりっぱはなかなかねー


こんな移動を年に何回も続け、サッカーの試合をこなして行くサッカー日本代表はすごいですね。


試合が低調だったとしても、


みなさんもうブーイングをするのはやめましょう。


フランクフルトについた第1印象は 広々してる割に 混んでない、


東京の10ぶんの一ぐらいなんじゃないってぐらいの人しかない、


そういう意味では東京にきてる、もしくはいるってことに関しては世界


でもトップクラスなんでしょうねー


フランクフルトからまた飛行機で約3時間やっと着きましたよ


ビルバオ空港。


深夜にもかかわらず、


ビアカンペシーナの方達が迎えにきててくれましたよ、


空港から車で約10分。ホテル兼会議会場の ホテルセミナリオへ。


ついて早々多くの国籍の多くの人々がいましてついに


きたな~といういう感じ。


ここで早速のアクシデント、


今回の会議の日本での世話役兼通訳兼事務局の方


と別なホテルにつれてかれ、


いきなり ひとりぼっち、


なんとなーくのニュアンスだけでは通用しない、


言語の壁にぶつかり、なにをいってるかぜんぜんわからん。


うーん、今人間力 が問われている、 、、、


そこに現れた 助けの女神 ニクアグラの エリカ


彼女は 日本人の父をもつ、ハーフで、日本人のヒラードを見て、うち


のパパが日本人でパパは英語はなせないから


日本語ではなすから、理解はできる。


聞き取りの練習になるから、日本語で話してくれと


なんか海外ドラマの風刺の効いたやさしさだなーと


こうして、なんとか、必死にエリカの後をついて、


着いた日は床につくことができました。



さあ、次の日から青年部総会、


なんもスケジュール聞いてないけど大丈夫か!果たして!!!


続く。


c0217246_00555715.jpg





[PR]

# by hira-do1981 | 2017-07-19 00:56 | ヒラードのミドルシュート | Comments(0)

ヒラードのスペインどうでしょう1

ビアカーン


てなことで、


ヒラード 715日~727日という約2週間スペインのビルバオとういう


所にきています、これいきなり聞いた人はへ??っていう感じですよね


。うん、僕もそう思うもん、


でもね、遊びにきたわけじゃないんですよ、、、、


一応ね、、、、 うん、いま楽しんでる。。。。


ビルバオで朝を迎えながらこの文章を書いてる自分にきもいけど、


ちょっとだけかっこいいかもとおもっている。


とま、本題はここからで



なんでここビルバオにきているかといいますと


まず、ビアカンペシーナの説明ですね。


これはですね世界に


2億人


という農民の会員がいる


小農家のための農業組織で、


「食糧主権」


というものを大きなテーマにかかえ、


いかに、世界の農家、世界の人々が、


多国籍企業の経済活動に巻き込まれすぎず、


持続可能な社会を作ってくために


がんばっていこうじゃないかという団体なんです。


で、この、ビアカンペシーナ本部が主催する


国際会議が4年に一度、オリンピックみたいに持ち回りで場所を変えて


行われているんですねー。


ちなみに4年前はジャカルタで8年前は、


モザンビークで行われいます。


で、そもそも、なんでヒラードなのか??ってことなのですが、


日本の大小様々な農業を団体のなかで、


このビアカンペシーの趣旨に賛同して会員になってるのが


農民連という農業団体なんです。


で、今年度から、


ヒラードこの農民連の青年部の全国部長させてもらっている


という縁でお誘をうけ、費用は主催者側が持つ形になるのですが、


いってみれば日本代表、アジア代表して


この国際会議に参加させてもらっているのです、


だから、あそんでばっかもいられないのよ、


何かしらの持ち帰ったり、足跡を残さないとだめなんですー。


wifiも無事繋がるので、


いろいろ、げんち報告を ブログがてら、


報告書としてまとめていきますので、


ブログ読む人はながーーーくなるけど、


ちゃんと読んでくださいね。

出発がですね、成田からかなー??


とおもっていたのですが、羽田からで、


サッカー漫画好きの聖地 フランクフルトを経由して、


ビルバオにきました。

余談ですが、羽田はらくでいいですねー、


やっぱ成田までいくと、疲労度5割ましですよ、


しかも羽田わかりやすい!


なんで成田に国際空港つくっちゃんですかねー??


まあ、滑走路たりなかったのかなー??


なんとか、


羽田をもっと大きくするわけにはいかなかったのかな??


どうなの??まあ、一気に書くと、


ブログ更新しんどいんで、出発前のこのへんにしときまーす!!


写真は出発前の羽田空港。


c0217246_14290146.jpg




[PR]

# by hira-do1981 | 2017-07-16 14:33 | スペインどうでしょう | Comments(0)

ヒラードのミドルシュート362 議員論

このはげー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ってなことで

ミドルシュートです!!

豊田真由子様です(苦笑)


c0217246_12232718.jpg



いやー ヒラード的には野々村元議員以上の衝撃でしたね。


政界ってのはああいう方達のあつまりなんでしょうかと

おもっちゃいますよねー。

議員さんってのはそんなに自分が偉いと勘違いしてしまうぐらい

えらいんですかねーー

選挙戦の時はあんなに腰低く 有権者にお願いするんですけどねー

受かった瞬間 先生!!!!

って、 さっきまでお願いされてた側の人間がいいますもんねー

矛盾してますよねーー。

あれ、お願いされて受からせてあげたし、社会の為にも奉仕しますってんだからねー

「おう、俺たちのためにちゃんとやれよー!悪いことしたら容赦しないぞ! この!!」

ぐらいでいんですよ!!きっと

先日、東京都議選行われましたけど、自民党が歴史的大敗したということでしたね、

歴史的大敗!!ってすごいことばですよね、快挙なんだか快挙じゃいなんだかよく

わからん(笑)

サッカーでいうとブラジルがドイツ代表にブラジルワールド杯で ホームで1ー7で負け

た試合とか今年のチャンピオンズリーグで

PSGがバルセロナに1ー6で大逆転されちったぐらいの

歴史的大敗でしたかねーー

あと、印象に残ったのは

都議会のドンの後釜として千代田区で

出馬した自民党候補の中村さんの会見が

「脇があまいと思います、なんて、自民党のみんながいて、会見してる場でいっていて
」根性あるなーとおもったのですが、

後々彼女はあれは印象操作で、自民党に苦言を呈した訳でないといっておりましたが

この間脇があまっかったのは自民党のなんだから、おもってなきゃいえないよねー??

とかおもっちゃいましたが、

あそこで、

どうしてこんなことになるのかな〜」

ぐらい言ってくれたら最高だったのになー。

まあ、小池新党若〜い人たくさんのとれましたね、やっと世代交代かなー

まあ、意見の違いは多々あれど、これからのことはヒラード世代が考えていかないと

いけないんだから、そういう意味では何か一つ大きな意味をもつ選挙戦になったのかも

しれませんね































[PR]

# by hira-do1981 | 2017-07-05 12:29 | ヒラードのミドルシュート | Comments(0)
line

サッカーと蔵王をこよなく愛するヒラードが蔵王の隠れた魅力を紹介します。


by hira-do1981
line