ヒラードのミドルシュート348 武井荘論

たけいそーーーーーん!!

てなことで

ミドルシュートです!!

先日、

たまたま、動画で、武井荘さんが 大人のガッコウといいう番組で話してるのをみつけて

お!なんか ヒラードがやってるキャリアセミナーみたいだとおもってみてみたら


すごーーーーくすごーく共感できたのし、 ヒラードが普段おもってるけど、言語化出来てない事を

しっかり言語化してくれていて、やっぱ 1流芸能人は 知識も経験も、考え方もぶっとんで

るし、しっかりしてますよねーー!!

動画 貼っとくのでみてみてください!!

この動画を要約すると、

武井さんの幼少時代から、 陸上選手を経て 今の武井荘 さんになるまでの経験や、

これかの、アスリート育成、 人材育成の話をしてるのですが、

まず、 

スポーツだけで、生きてくのは 相当相当大変。

陸上の10種競技の王者になったことのある武井さん。

価値のある事をしてるとおもってたし、これで生きていけるとおもってたけど、

1歩陸上という。世界からとびだしたら、 だーーーれも10種競技なんてしらないし、

武井さんのことはしらない。

そのあと ゴルフの世界にいってみたら すぐ パープレー

で回れるようになったし、 お! 生きていけるかな?と

おもったけど、 結局 そのぐらいで回る人は アマチュアでもごっそりいるし、

その上にプロがいる。

やっぱゴルフでもいきていけないと

いろいろ模索していたそうでうす。

そんなとき、

西麻布で ピーエル瀧さんとか 森山直太朗さんと

飲む機会があったとき、 

彼らがちょっと、 話したり、歌うだけで、

あっという間に その場を その人たちを笑顔にしてしまう!

なんだこの人達は!!! 魔法使いじゃん!

ああ、これだと このとき武井さんはきづいていったそうです。

結局、

大事なのは、
 
人が求めている数

これが価値なんだと、、、、


今の陸上競技会って

日本トップの選手が集まっても

結局1万人しか集められてないと、

これが日本の陸上界の現状、、、、なんだと、

最近の、

日本のジュニアアスリートの教育ってなんかゆがんでいて、

ここに力を入れたおかげで、確かに 

1流の選手もでてきたけど、

それに輪に賭けて

失敗しているアスリートもふやしてしまっていると

結局、人が求めている競技、人から求められるアスリート 人間とは

どういう人なのか??

という事を ちゃんと教育していく事が

ジュニア教育なんじゃないの??

と 熱く語ってます。

いやーー、

この話、

今の蔵王町の教育委員会や。 蔵王町で部活の為に中学校合併しろーー。

部活をしないと内申点があがらなーい 受験に不利だーーーと

いってる

親にきかせたい!

そんな つまらん理由で、

学校を地域からなくされたり、 無理矢理、大人から自分が本当にやりたいとおもってない

スポーツなり、 部活動をやらされてる子供は大迷惑ですよーーー


ヒラード

キャリアセミナーでいつも

夢=大きさじゃなくて数じゃないかな?

と子供たちに語ります。

武井さんも

最後 この動画でこうかたっています「

「自分の持っていない能力 知識を 大人になっても 勉強して自分を成長させて

いつか自分が子供ができたときに

夢は大人になってもかなうんだという背中を子供みせて

子供に無邪気に子供時代をすごさせて、

自分のお父さんが大人になっても夢をかなえてるんだから

1個ぐらいスポーツ失敗したって、 受験失敗したって、就職活動失敗したって

お父さんみたいに自分の時間つかって夢かなえてる、 夢見てるんだ

ああ、別に1個ぐらい失敗したってだいじょうなんだとおもってもらうのが

本来の 大人と 子供の関係じゃないでしょうか?」

一緒に成長していきましょう!!」といううですね、熱いメッセージ涙ぽろりですよ

ヒラードが言っても子供たちはあんま響いてないかもなーー

よし、ちょっとつづ勉強して、

武井さんの100分の1ぐらいしか 子供たちに伝わらないかもしれないけど、

これからも がんばろっと


[PR]

by hira-do1981 | 2016-11-29 17:23 | ヒラードのミドルシュート | Comments(0)
line

サッカーと蔵王をこよなく愛するヒラードが蔵王の隠れた魅力を紹介します。


by hira-do1981
line