蔵王の食べ処⑯ アトリエリスの出張フランス料理

こんにちは、

今日は一味違った蔵王の食べ処を紹介します。

先日、ヒラード家の妹が結婚することになり、

妹の旦那さんと旦那さんの両親とヒラード家でお食事会を

することになり、

そのお食事会を妹がお世話になっている方のペンションで

開き、料理はヒラードのブログによくでてくる、アトリエデリスの佐々木シェフの

出張フランス料理を頂きましたー!!!!!いやー贅沢な時間を過ごさせていただきました。

シェフの料理を1家族占めですからねー贅沢ですよ!!今から彦麻呂ばりにレポート

しますよー、写真をみて、ヒラード彦麻呂のレポートをみたら、食べたくてしかたなく

なりますよー・

ではまず

お食事会が行われた外観から

c0217246_17264182.jpg


このペンションは

山の倶楽部さんといって、とても居心地がいいペンションです!

オーナーが音楽がくわしいので、すばらしい、音響のスピーカーがあって、

ここでクラシックなんかをきいたら、思わずうっとりします。

しかも、ここでは、年に3回ぐらい。オーナーのプロの音楽友達が、きて、少人数の生コンサート

をします!!あの1流アーティストの音楽がこんな近くで聞けるなんてって感じらしいですよ。

ヒラード、そんなにクラシック音楽にくわしくないので、知らない方が多いのですが、

一回生で、スパニッシュコネクションというスペインのギター演奏を聴きにいったのですが、

あれは本当によかったです。まだ、まだ、そんな贅沢な催しを蔵王でやっていことを知らない人

が多々いますので、ぜひ、HPなんかで山の倶楽部で検索してみてください!!

では、まず。

1品目の料理です

c0217246_1732302.jpg


三陸沖の牡蠣と、蔵王のチーズを使った、カキのグラタンです。

佐々木シェフは徹底的に素材と地産地消にこだわり、料理をつくります。

そこにはおいしさと、ともに料理のストーリーも見えてきます!!

では、一口って、とけるーっかきがとろけるー、蔵王チーズもうまくからまり

ふわんふわんです。

まさに、三陸と蔵王が生みだす、海と山の宮城のスペシャルコラボレーとやー!!

では2品目です

c0217246_17401853.jpg


なんとかエビと、なんとかホタテとひらきゅうのハーブのなんとかカルパッチョです。

これも、いろいろストーリーがあったのですが、全部覚えきれませんでした。

この魚貝類も宮城周辺で取れたものをつかってるようです。

ちょろっと、緑の葉がのってますが、これはうちで生産しているハーブの、チャービルと

ディルというハーブです。

ほんとに少ししかのっていませんが、このハーブがあるのとないのでは、料理に大きな

差がでてきます。このチャービルとディルの柔らかい甘い香りと味が、見事の魚のしつこさを

とってくるというか、あっさりさせてくれます、ハーブは縁の下の力持ちなんですねー。

まさにこの料理は、

カルパッチョの片倉小十郎やー!!派手な伊達を支える片倉小十朗にそっくりやー。

では3品目

c0217246_1902349.jpg


ひらきゅうのなべちゃんネギを使ったなんちゃらとなんちゃらのコンソメスープです

このスープのコンソメもシェフがじっくり時間をかけて作り、それにヒラード家でつくった

おおきくて、あまーいなべちゃんネギがはいります。

シンプル、なのに深い味です。素材の味とくに引き出した、京都スタイルです!!

まさしく、蔵王と京都のコラボ、コンソメ界の金閣寺やー

では4品目

c0217246_1951191.jpg


もう、どんどんでてきます。

えっと、

真鯛となんちゃらなんちゃらのポアレです!!(確か・・・・)

おいしいそうでしょうー。

写真だけでご飯3杯行けそうでしょう?

真鯛を蔵王の雪を思起こすホワイトソースが絡みつきあっさりした鯛にいいアクセントをつけます。

まさに、ポアレのえぼしスキー場やー

5品目です!

メインディッシュは


c0217246_19114572.jpg


蔵王の鴨肉のブルーベリーソース?とメークインのなんちゃらなんちゃらです

(すいません今までの料理ほとんど正式名称いえてません、今度聞いてきますね)

メインディッシュです!

なんと鴨肉に本来デザートなんかにかけるであろう、ブルーベリーのソースで仕上げて

おります。サプライズです!!

もちろん甘いブルーベリーソースとは違うのですが、酸味のあるこのソースが、

かも肉をより一層ひきたてている感じです。鴨肉も脂っこいイメージがありましたが、

この鴨肉はあんまり脂っこくなく、多分、このソースが、その役割を担っているのかもしれません。

このソースをかける前とかけた後の味は全然かわるのではないでしょうか?

まさしく、鴨肉のミスターマリっクやー。

そして、しめの6品目

デザートです。

c0217246_19215570.jpg


蔵王の卵とか、チーズとかミルクとか蔵王つくしのティラミスです!!

もうここまで来るまで様々な料理を食べて、満足感と満腹感でいっぱいだったのですが、

やっぱり、デザートは別腹ーってかんじですよ。

このデザートに使った卵はですね。鶏のえさに竹炭を加えてたべさせているみたいで、

そのえさを食べた鶏からでる、卵はとってもヘルシーで、コレストロールが普通の卵

よりひくく、アレルギーのある子でも食べられるという魔法の卵みたいなんです!!

その卵を使ったケーキが健康的じゃないわけがありません、

まさに、おいしく食べて健康になれるデザート、最高のティラミスやーん

まさしく、ティラミスの蔵王連峰やーーー

と大満足のお食事会でした。

みなさん料理の写真をみてたべたくなったでしょう?

普段アトリエデリスさんはあくまでもケータリングが主な仕事ですので、

お店に行ってもこのようなコース料理は食べることはできないのですが、

皆さんの、何か特別な記念日なんかにシェフに頼めば、出張料理をしてくれます!!

ぜひ、みなさん佐々木さんの料理を食べて、最高の記念日にしませんか?

てなことで、

アトリエデリスの佐々木シェフのフランス料理のコースをサッカーに例えると、

1978年-1986年にフランスの英雄のプラティニが率いた黄金の中盤です!!

黄金の中盤とは

プラティニ、ジレス、ティガナ、ジャンジニが組んだ中盤で、

シャンパンの泡がはじけるように軽やかにパスが回ることから

「シャンパンフットボール」とよばれ、今も賞賛されている。

佐々木さんが生み出す数々の料理、シャンパンフットボールの軽やかさ、すごさと

かぶります!!
[PR]

by hira-do1981 | 2010-02-09 19:44 | 蔵王食べ処 | Comments(3)
Commented by maki at 2010-02-10 18:25 x
妹さんご結婚おめでとうございます★
楽しい会になったようで幸せ気分になっちゃうね!
Commented by ara40 at 2010-02-10 20:03 x
まだ寒い毎日ですが、なんてホットな話題!料理の写真も奇麗で美味しそう。ん?ミニヒラードさん表情が硬いぞ!笑顔バージョンもあってもいいかも?おっと、肝心なことを言ってなかった。妹さん、おめでとうございます。お幸せに。
Commented by hira-do1981 at 2010-02-10 21:58
→MAKIさん、ありがとうございまーす、結婚てすごいですねー一気に家族が倍になりますからねー、不思議だし、
おもしろいねー。

→ARA40さん ありがとうございまーす。ぜひ直接妹にも言っておいてください。ARA40さんも誕生日や、結婚記念日にシェフの料理でお祝いしたら、いかがでしょうか?
line

サッカーと蔵王をこよなく愛するヒラードが蔵王の隠れた魅力を紹介します。


by hira-do1981
line